わき脱毛の体験について

レーザー脱毛は、1回体験するだけでもかなりの効果が実感できます。
一方、光脱毛は5~6回継続して施術を受けることで、その効果を実感するようになります。
つまり、光脱毛を1回体験しただけでは、効果は殆ど感じられません。
レーザー脱毛は光の出力エネルギーが大きいので、脱毛が終わるまでの回数が6~8回とかなり少なくなります。
光脱毛の場合は12~18回の施術を行うのが一般的です。
ただし、レーザーは光の出力エネルギーが大きい分お肌への負担も大きくなります。
さらに、金額的にもエステと比較するとかなり割高となります。
エステの場合は回数はかかりますが、その分施術中の痛みや肌への負担が少ないです。
施術後に美容成分の入ったクリームを塗ってもらえるのでお肌に優しい施術方法と言えるでしょう。
ただし、火傷や水ぶくれなどのトラブルが発生した時に、医療行為を受けることは出来ません。
また、現在エステではわき脱毛の無料キャンペーンを行っていますが、キャンペーンを渡り歩いているだけではずっと低出力のままです。
かえってお肌に負担がかかるばかりで、残念ながら期待する効果は得られません。

ケノン アンダーヘア

最新のホワイトニングを選ぶべき理由

ホワイトニングに使用する薬剤や施術方法は、日々研究が行われ、進化を続けています。
常に効果が高く、より安全性の高いものが開発されており、治療時には最新のホワイトニング治療を受けることが、
より歯を白くなるための第一歩となります。
従来のオフィスホワイトニングではハロゲンライトや赤外線ランプなどを照射してホワイトニングを行っていました。
この方法では、施術中に歯が熱を帯びてしまい、しみるような痛みを感じてしまうことがあります。
歯の表面の温度が5度を超えると痛みを感じますが、ハロゲンライト使用時には約8度、
赤外線ランプ使用時には、26度もの高温になってしまうことがわかっています。
一方、最新のオフィスホワイトニングである「Only 3 Days」は熱を持つことがありません。
沁みるような痛みもなく、身体への負担の少ない新たなホワイトニング治療です。
治療する際には最新のホワイトニング治療を受けることが、しっかりと白くなるホワイトニングの第一歩となります。

歯のヤニが気になったらこの歯磨き粉がおすすめです

低刺激で手軽なセルフホワイトニング

歯科医師が在籍しないホワイトニングサロンで行うホワイトニングのことをセルフホワイトニングと言います。
口内に触れる施術は歯科医師や歯科衛生士しかできないため、自分自身で行うことになります。
また、薬剤は過酸化水素を扱うのは不可となります。
従って、市販のホワイトニング歯磨き粉などにも使用されているポリリン酸などが主な薬剤となります。
セルフホワイトニングでは、漂白と言うよりも、歯の表面に付着したステインを落とすことが主体になります。
セルフホワイトニングは、歯のステインが内部に沈着しないためのメンテナンスに適したホワイトニング法となります。
セルフホワイトニングのメリットは、痛みが少なく、ホワイトニング後の食事制限が必要ないう点があります。
また、ステインを落とすことが可能で、費用が安価で済むというメリットもあります。

歯の黄ばみに効果のある歯磨き粉の情報ならこのHPです